注目キーワード
  1. 旅行
  2. mup
  3. 学生
  4. 恋愛
  5. ブログ

【野球からの賜物】野球を15年間続けて感じた野球から得られるもの



こんにちわ!こうすけです!
ぼくは小1からソフトボールを始め
小学4年から大学3年まで
硬式野球をしていました。

野球大好き
じいちゃん

15年間も野球をしていたのか!
がんばったのぉ~

こうすけ

甲子園にでたら
女の子にモテるらしいよ。





野球のすばらしさ

ぼくは野球を通して

素晴らしい多くの仲間に

出会えました。



学校の勉強なんか

ほぼ役に立ちません(笑)



それよりも野球で社会に出たときに

大切なことを学べます。



ぼくは子どもに何かスポーツを

させるとしたら間違いなく「野球」を勧めます!

ぼくは、野球をやってきてよかったなと

思う場面が21年間生きていて感じました。



また、野球から得られるものと言っても

環境や指導者に大きく左右されると思います。



その点、僕は大変恵まれていたと思います。

僕が野球を通して学んだことを紹介していきます!





野球から得られるもの



僕が野球を通して得たものは、



・協力

・チームワーク

・気配り

・目配り

・出会い

・人間関係

・人脈

・コミュニケーション能力

・効率の良さ

・努力

・考える力



など今、ぱっと頭に浮かんだものだけで

これだけあります。



ぼくは社会にでたときに非常に役に立つことを

たくさん学べたと思い、学校で得るものより部活動から

学ぶことが多くありました。



この中でぼくが本当によかったなと思うもの

3つ紹介していきます。





1.人脈



中高生の部活動の割合として

中学高校体育連盟、高校野球連盟が発表している

データによると

高校ではサッカーが約16.5万人

野球が軟式と硬式野球合わせて16.1万。



中学生だとサッカー約19万人、

野球約16万人です。



団体競技ということもあって

非常に多くの人がしているスポーツです。



野球をやっている人が多いため僕は

多くの人とかかわることが出来ました。



おそらく同級生、後輩、先輩、指導者、保護者合わせて

500人以上の人とかかわることが出来ました。



特に大きかったのが高校では部員数

100人弱、

大学では部員数200人前後と

卒業、入学と入れ替わっても

この人数は維持されていました。

野球ではほとんど休みがなく

練習や試合ばかりです。



その分チームメイトと過ごす時間が多く、

高校、大学では24時間の内の半分以上

チームメイト一緒に過ごし、

苦楽を共にしていました。



だから、上辺の関係ではなく

非常に濃い友達、仲間ができます。

そのため、何年たっても小学校、中学校、高校、大学の

チームメイトとは今でも連絡するし、遊んだり、

外食を共にします。



人それぞれ違いますが、ぼくは

友達が多いほうが楽しいと思うし、

自分が知らないことを知れたり、

価値観であったり、

頼りになったり

勉強になることや

良い刺激になり励みになります。



ぼくは将来お好み焼き屋を開きたいので

全員に来てもらいたいと思っています。(笑)





2.コミュニケーション能力



野球部=うるさいっていうのは

あると思います(笑)



しかし、しゃべる力がある、おもしろいは

その人の武器になると思います。

(面白くない人もたくさんいます。)



よく野球でピッチャーマウンドという

グラウンドの真ん中に円になって

話し合いをしているのをみたことありませんか?



あれだけではなく練習でもよく話し合いをしています。

野球で無言ということはないですね!



勝つためにはどうしたらいいのか

よく話し合います。



そのようなところから、

コミュニケーション能力が生まれているのだと

思います。



コミュニケーションは

仕事をする上でも

非常に有効なものだと思います。



例えば、営業職でも小売店でも

ものが勝手に売れるということは

あまりありません。



コミュニケーションから人とのやりとりがあって

買ってもらったり、仕事をもらったり

できます。



だから本当にコミュニケーションは大事で

野球でこの力をつけることが出来ます。





3.考える力



学校やバイトをしていて思ったことがあります。

それは



言われたことしかできない



野球は9人でするスポーツですが

だれかが隣にいるわけではありません。



また、いつ何が起こるかわからない状況で、

常に頭で次の予測を

していなければ対応していけません。



また練習でも指導者に言われたことだけしていても

他のチームメイトも同じことを言われていると

そのチームメイトのライバルに勝つことが

できません。



自分で工夫してうまくなるしかないのです。

だからぼくは少しは「考える力」が付いたと思います。



しかし、

バイトや学校で周りを見ると

先生や職場の偉い人が指示をださないと

しゃべってばかりやただその場に

立っている。



何もやろうとしない。

と感じました。



言われたことしかできない人間は、

ロボットでも出来るのでAIなどが発達している今、

確実に仕事を奪われ会社からリストラされ、

路頭に迷うことになります。

そして、

考える力が培われていないため、

職がなくなるとどうしたらいいかわからず、

後悔するような人生を送ることになります。





ぼくは野球を通して

考える力をつけることができ

気配りや視野が広がりました。



自分で考えて行動する力はロボットが発達している時代だからこそ

必要になります。



野球から得たもの



野球はとても素晴らしいものです!



野球から学んだことが

たくさんありました。

厳しい環境に身を置いたことで

たくさんの経験が出来ました。



高校では沖縄遠征というものがあり

大学では2回全国大会に行き、

東京に行き、

観光もたくさん楽しみました。(笑)



人生経験が多ければ多いほど

人は成長できると思います。



野球は大切な事をたくさん教えてくれます!!!!

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!





Follow me!

最新情報をチェックしよう!