注目キーワード
  1. 旅行
  2. mup
  3. 学生
  4. 恋愛
  5. ブログ

【7つの習慣・まとめ】あなたが幸せになるための習慣

この記事は

スティーンブン・R・コヴィーによって

書かれた「7つの習慣」のまとめです。

7つの習慣】は多くのビジネスマンが

人生で読むべき本の一つと言っています。

7つの習慣という本を読むことで

あなたの人生における最高の冒険になるだろう

と言われています。

先日多くの人が
薦めていたから
「7つの習慣」という本を
読んでみた!!!

どんな本なの?

人生において大切な事、
生き方について、
考えるようになった。

なんか胡散臭い!!!

ほんまやし!(笑)
嘘と思うなら1回読んでみ!

7つの習慣】は

あなたの人生において、

影響力があることは、

間違いありません。

この本を読むことで・・・

・人生においての何をしたらいいかわかる

・私的、公的において成功できる

・人生を変えたい

読んで損することはありません。

人生に迷いがあったり、

成功者でも見るべき本です。

7つの習慣から学ぶこと

あなたの周りにある問題は何が問題だと思いますか?

本当は、問題なんかないのです。

あなたが問題だと思っているから問題なのです。

自分の都合の良いように見ているだけなのです。

×私たちが世界をあるがままに見ている

◯私たちのあるがままをうつしだしている。

真の成功とは

著書では真の成功とは、

人格を育てることだと言っています。

インサイドアウト

インサイドアウトとは7つの習慣の前に

意識するべき原則です。

インサイドアウトとは・・・

自分自身の行動を変え、

結果を引き寄せる意識のことです。

つまり、してはいけなのが

アウトサイドインという考え方で、

アウトサイドインは、

出来ない理由を周りの環境のせいにすることで

出来ないことがあると、

自分を正当化する考えのことです。

悪いことがあれば、

相手のせいにするのではなく

自分が変わる

これがインサイドアウトの考えです。

人生を変える7つの習慣

では、具体的な7つの習慣を

紹介していきます。

・主体的である

・終わりを描くことから始める

・最優先事項を優先

・WIN-WINを考える

・まず、理解に徹し、それを理解される

・シナジーを創り出す

・刃を研ぐ

第一の習慣:主体的である

主体的個々の行動に責任を持つ意識のことです。

感情的な反応に身をゆだねたり、

受け身で行動するのではなく

自分で振る舞いを選択すること。

〈例えば〉

ある上司がいるとします。

「自分はこの上司から何も学ぶことはない」と

思っているとします。

しかし、この上司から学ばないと選択したのは

自分自身であり、

学ぼうとしないから何も学べないのです。

行動を起こすのは自分の責任

⇒自ら責任を受けて行動するか、

 周りから動かされるかで、

成長や機会も大きく変わるということです。

結果は変えることができません。

⇒変えられるのは行動のみ。

最大の可能性

刺激と反応の間に存在する選択の自由

第二の習慣:終わりを思い描く

・なんのために行動するのか?

⇒ゴールを決めないと間違った方向に進むだけ。

終わりを思い描く

本当の意味で主体的で価値観に沿った

人間になれる。

つまり、

自分自身の目標を持つことで、

全ての行動をする際、

自分の目標のためなのか?

と考えることで正しい行動を選択できます。

重要なポイント

ミッション・ステートメントを持つ

ミッションステートメントとは?

ミッション:使命

ステートメント:宣言

人生の目的を見失わない。

第三の習慣:最優先事項を優先

人生を振り返った時、

「あれをしていれば」

「これがしたかった」と

後悔したことがありませんか?

 人間の活動の4つの領域

第一領域〈第二領域〉
緊急で重要なこと緊急でないが重要なこと
〈第三領域〉〈第四領域〉
緊急だが、
重要ではないこと
緊急でも
重要でもないこと

第一領域:締め切り、約束など

第二領域:人間関係作り、自己啓発、健康など

第三領域:メールや報告書など

第四領域:ゲームや待ち時間など

この中でどれが重要なことだと思いますか?

やっぱり第一領域?

⇒NO

第二領域なんです。

これが成長するうえで最も重要なカテゴリーです。

第四の習慣:WIN-WIN

勝者と敗者は×

自分だけ成功、儲けたらいいという考えはNG

他者を打ち負かして手にする勝利ではなく、

関わった全員のためになる結果になるような

人間関係を気づくこと。

公的成功につながる

WIN-WINでないなら、

NODEAL(取引しない)という選択肢も。

第五の習慣:理解することで理解される

NG⇒自分のことばかり話す。

大切なのは、

まず理解に徹し、そして理解される

まずは相手の答えを聞く。

そして、自分の答えを伝える。

聞く⇒相手の目線で世界を見る

第六の習慣:シナジー効果

シナジー効果とは

⇒相違点をぶつけ合うからこそ、

互いのよさを活かせる。

違いを尊重すること。

重要ポイント

本当の意味で効果的な人生を生きられる人は、

自分のものの見方には限界があることを

認められる謙虚を持ち、

心と知性の交渉によって得られる

豊かな資源を大切にする。

第七の習慣:刃を研ぐ

第一~第六の習慣で

大きな成果を出すために日々、

自分を鍛え、切れ味(刃を研ぐ)を高める。

刃を研ぐとは:

本当に自分を成長させる知識を身に付けたり、

自分を見つめ直す時間を作ること。

体調(肉体)、観点(精神)、自律性(知性)、

つながり(社会)の

4つの側面で

バランスよく刃を研ぐ時間をとる習慣作り!

成功とは?

成功とは素晴らしい一人の人間になること

7つの習慣:まとめ

◎自分自身と一つになること、

愛する人たちや友人、

同僚と一つになることが

「7つの習慣」の最高で最良、

最も実りある果実だ。

◎種をまき、辛抱強く雑草を抜き、

大切に育てれば、

本当の成長の喜びを

実感できるようになる。

自分自身が鍛えられる

自分の価値が高まる

人の支えになる

新たな自分の価値

自分の活動がシナジー効果

7つの習慣:感想

内容をすぐ理解するのは難しかったです。

文章をイメージし、何度も繰り返し読むことで

理解できるようになり、

自分の人生に当てはめて、

行動していこうと思いました。

多くの人がすすめているので、

読んでみたら本当に読んでよかったと思うし、

人生の大きな役に立つ1冊でした。

ですよね!!

「7つの習慣」を読んだ人たち!(笑)

Follow me!

最新情報をチェックしよう!