注目キーワード
  1. 旅行
  2. mup
  3. 学生
  4. 恋愛
  5. ブログ

【ビジネスセンス】モノが売れる人と売れない人の違いを小学生でもわかるように解説

こちらの内容はGoogle⇒SMS⇒リクルート⇒株式会社会社Limを

創設した竹花貴騎さんが言っていたことを、

アウトプットするために作成した記事です。

内容が重複することもありますが、

許可を得ているのでご了承ください!

10年一人の天才営業マン

ものが売れる人と
売れない人の差は何かわかる?

えーー。
なんだろう。
コミュニケーション能力とか?

10年一人の天才営業マン

違う。違う。
そうじゃ、そうじゃなぁい~。

全ては“ビジネスセンス”に
かかっている。

では、“ビジネスセンス”がないとモノが売れないのか?

A.そうです。

しかし、

これから身に付けることができます。

こんな人におすすめ

・ビジネスセンスについて詳しく知りたい

・竹花貴騎さんが言っていたことを知りたい

・モノが売れるようになりたい

こんな人たちはおすすめです。

これを見ることで、

・他人より学んで将来に備える

・替えの利かない人間になる

・モノを売り業績をあげる

・ビジネスセンスを身に付ける

これらの輝かしい未来を手に入れ、

企業や国には頼らず、

自立できるスキルをこの記事を見て、
今日5分程度で自分のものにしましょう!

ビジネスセンスとは

これがないと100%勝てない
「ビジネスセンス」の習得

竹花貴騎

現在この世には130兆以上のWEBサイトのページがある。

そのなかで自分のサイトを他人に見てもらうためには、

ビジネスセンス”が必要です。

・営業

・広告

・経営

・講演

売り込むものは同じなのに

なぜ人によって「売れる」「売れない」があるのか?

その違いがセンスです。

では一体、竹花貴騎さんの言う

ビジネスセンスとは???

センスと言うことは生まれつきの才能なの!?
センスがない人は何もできない!?

大丈夫です。

このビジネスセンスは頑張り次第で身に付けることができますし、

誰も生まれたときから持っていません。

ビジネスセンス

それは、

センス=感覚

センスがない=感覚刺激スキルがない

です。

感覚を刺激する

例えば、

パンを売りたい場合、

こちらのメロンパンはいかがですか~?

外はカリッと中はもっちりのメロンパンはいかがですか~?

どちらがメロンパンを食べたくなりますか?

後者ですよね。

この「外はカリッと中はふわっと」と言われると

頭の中でどんなメロンパンかを想像しませんか?

ほらメロンパンが
食べたくなってきたでしょう。(笑)

ここからわかるように、

感覚刺激スキルとは?

それは、

見えないものを見せるスキル

ということです。

視覚伝達(目や耳)でわかる情報ではなく、

感覚伝達を刺激する。⇒ビジネスセンスにつながる。

×⇒視覚伝達で物事を正直に伝える

◎⇒伝えたいものの共感を与える

ではどうやって共感を相手に伝えるのか、

そこで使う考え方が、

TSA Thinkingです。

TSA Thinkingとは?

これはググっても出てきません。

竹花貴騎さんオリジナルの言葉です!!!

ではTSA Thinkingとは何かというと、

TSAはそれぞれの単語の略で、

T=Two(2)

S=Steps(ステップ)

A=Ahead(先)

言葉の意味は、

2歩先を読む

TSA Thinking=2歩先を読む考え方

では、ここで意味がよくわからないあなたに例をだして

解説していきます。

TSA Thinking:具体例

まず、TSA Thinking=2歩先を読む考え方です。

これに対して、

OSA Thinking=1歩先を見る。

これが売れない人の見方、考え方です。

OSA ThinkingTSA Thinkingの具体例として、

「高級な肉」で例えます。

OSA Thinking=目先のことです。

この考え方の人の表現は

高い肉”  “A5Aランクの肉”などと

表現します。

ようするに見たものをそのまま言葉に出す

これが上記でも言った視覚伝達です。

これに対して、

TSA Thinking=2歩先を読む考え方は、

「高級な肉」で例えると

口の中で溶ける” “肉の旨味が口の中でジュワ―と広がる

先ほどとの違いわかりましたか?

TSA Thinkingを使うことで、

頭の中で「高級な肉」が想像されませんでしたか?

“口の中で溶ける” “肉の旨味が口の中でジュワ―と広がる”

↑これらの言葉は共通で頭の中でどんなものか

イメージできますよね!?

こうして人々の脳内に残り記憶に残るのです。

肉食べたくなってきた!!!

結論

まとめると、

×⇒OSA Thinking=言葉での理解(言語化)

〇⇒TSA Thinking=想像で理解(比喩化) 

ということです。

TSA Thinkingの使い方

人間の本能=知らないもの、こと、人を警戒

ネガティブから入る。

・ほんとは良い人だけど知らない人

・SEO

・副業

・パソコン

・グラフ

これらは難しいし、めんどくさい

だからこれに対して多くの人が、

簡単ですよ。」「シンプルです。

という。

しかし、

これはOSA Thinking(one step ahead)の考え方。

何度も言っているようにこれではだめ×

大切なのは、

TSA Thinking(Two steps ahead)の考え方◎

簡単⇒“小学生でもわかる”  “おばあちゃんでも出来る”

このような言葉を使う=ビジネスセンス

わからなかった人のために、

最後にこのビジネスセンスの例をもう一つ紹介します。

「明太子」を海外で売り込むための成功事例

明太子

ある博多のお店がアメリカで「明太子」を売ろうと考えていました。

明太子=Cod roe(タラの卵)

として売り込みました。

しかし、

アメリカ人はCodroe(タラの卵)を気持ち悪い

酷評しました。

そこでどうしたら明太子がアメリカ人に受け入れてもらえるか

考えました。

明太子=辛い、タマゴ

そこで外国人に受け入れてもらえるように、

「外国人にとっての高級な魚の卵は?」

⇒“キャビア”ですよね。

それを使い、

明太子=Cod roeではなく、

明太子=spicy caviar(スパイシーキャビア)

と名付けました。

すると気持ちわるがられていた明太子も

名前を変えただけで飛ぶように売れたのです。

これからわかるように、

商品のありのままの情報を伝えるのではなく、

TSA Thinking(2歩先を読む考え方)
大切なのです。

ビジネスセンス:まとめ

ビジネスセンスについて
理解できましたでしょうか?

まとめると、

ビジネスセンス=感覚を刺激する

商品のありのままの情報を伝えるのではなく、

見えないものを見せるスキル

TSA Thinking(2歩先を読む考え方)

相手にイメージさせる言葉

今の世の中、モノが溢れていて、

消費者が比較して選択できる時代です。

だからこそ、

その場で売り込むのではなく、

相手の記憶に残し、

相手が思いだすような印象を

与えることが必須です。

今回のTSAThinkingの話、

おもしろくなかったですか?

これらの言葉はインターネットで検索しても

出てきません。

全ては竹花貴騎さんの経験を元に

作成された言葉です。

これは竹花貴騎さんの“MUPカレッジ”で

学ぶことができます。

MUPについて知りたい方

MUPは心の底からおすすめできる、

オンラインスクールです。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

Follow me!

最新情報をチェックしよう!