注目キーワード
  1. 旅行
  2. mup
  3. 学生
  4. 恋愛
  5. ブログ

【猫の王様ペルシャ】初めて飼う人にもおすすめ。ペルシャの性格と育て方と値段

こんにちは!

こうすけです!

今日は猫の王様ペルシャの性格と育て方について

紹介していきます!

はじめに

僕は小さい頃おじいちゃん家で犬を飼っていて

その犬が大好きで猫よりも犬派でした。

その後もずっと犬派で将来飼うなら

「犬」と決めていました。

しかし、中学生のとき友達の家に

遊びに行ったとき友達がネコを飼っていました。

それが「ペルシャ」でした。

見た瞬間「可愛い」と思い、犬派の僕に

衝撃が走りました。

また、かわいいだけではなく

とても人懐っこく僕が抱っこしても

じっとしていて、

そのときからペルシャに一目惚れしました(笑)

猫の王様ペルシャの歴史

ペルシャは非常に長い歴史があり、

原産国はイランとされています。

キャットショーとしてイタリアへ渡り

その後貴族の間で大人気となり

多くの人に親しまれました。

ペルシャの特徴

ペルシャはふさふさとした豊かな長毛に

全身をおおわれています。

体型は骨太でがっちりしていて、胴は短いです。頭は丸く、足はやや短めで足先に丸みがある、中型コピータイプと呼ばれる体型です。

標準的な体重は3.0~5.5kgとされています。

重そうに見えて以外とほかの猫と

体重は変わりません。

ペルシャの性格

ねこを飼うデメリットとしていたずら好き、

ひっかくなどがあります。

しかし、ペルシャは

物静かで穏便で大人しく、鳴いたり、引っ掻いたり、

高いところに登るというのはあまりありません。

だから、マンション、集合住宅などの

騒音などが気になるところなどで飼いたい方や

穏やかに暮らしたい方に非常に最適です。

また、のどかな暮らしを好み

孤独でも苦でない物静かな性格なためか構って

もらいすぎるのもあまり好まず、

また、1日約15時間もの睡眠を必要とするため

そっとして寝さしてあげましょう!

先ほども言いましたが孤独が苦ではないため、

家を空けて誰もいなくても大丈夫なので

1人暮らしの方にとったら最適です。

遊ぶことがあまり好きでないため、

子どもとはあまり好んで遊びません。

でもかわいいところもあるのです。

飼い主が昼寝していると

寄り添ってくるので

かわいいところもあります。

留守番をしていても寂しがることはありませんが、

家族のことはきちんと認識しているので

安心してください!!!

ペルシャの寿命

他の品種の猫と比較して

非常に寿命が長いと言われています。

猫全体の平均寿命が約13~15年と言われていますが、

ペルシャの平均寿命は約16~20年です。

ペルシャの種類

主なカラーはシルバー、ゴールデン、ブルー、

ブルーゴールデンの4種類と言われています。

ペットショップなどの一般的に多いカラーは

シルバーとゴールデンですが、ブルー(灰色)、

ブラック、ホワイト、クリーム、レッドなどの

珍しいカラーのペルシャもいます。

また、毛の柄はソリッド(単色)だけでなく、

タビー(縞模様)やキャリコ(三毛)、バイカラー(二毛)、

パーティーカラー(複合色)などの様々な柄があります。

組み合わせによって様々な呼び名があります。

ペルシャの飼い方

・お手入れ

ペルシャの毛は、ふさふさゆえに、

すべて一本につなぐと370mにもなるそうです。

その長くて密集した毛は、毎日のブラッシングや

コーミングを怠ると、すぐに絡まってしまいます。

特に春と夏は、特に注意してブラッシングする必要があります。

・オススメのヘアボールケア

猫は1日の多くの時間を毛づくろいに費やすため、

多くの毛を飲み込んでしまいます。

その際に飲み込んだ毛が消化管で毛玉になることがあり、

それを猫が吐き戻したり、糞便中へ排出されたりします。

ヘアボール ケアは、最適に調整された栄養バランスによって

猫の健康的な毛玉の排出をサポートします。 

このヘアボールケアを使うことによって

可溶性食物繊維源であり粘性のあるサイリウムや

不溶性食物繊維などの複数の食物繊維を配合し、

健康的な消化管の運動を維持します。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

その結果、毎日の毛づくろいで飲み込んだ毛が、

胃の中に蓄積され吐き戻されるよりも、

糞便中へ排出されることをサポートします。

ペルシャの主な病気

流涙症

先天的に涙管が狭く、

流涙症を発症しやすいと考えられます。

目から涙があふれ出て目から鼻の周りにかけての

顔を濡らしてしまう、

涙の異常流涙を起こす病気です。

普段から炎症を起こさないように涙

をこまめにふき取り、

メヤニやまぶたを常に清潔に保ってあげましょう。

目が常に濡れていたら要注意です!

・多発性のう胞腎

腎臓の中に液体が詰まった袋が発生し、

それが大きくなり、腎機能を低下させる病気です。

先天性で、親猫からは高い確率で遺伝します。

長期間無症状のことも多く、

中年齢以降で腎不全が起こり

発見されるケースも多いです。

遺伝性の先天的なもので、腎機能が低下し、

最終的には「慢性腎不全」となって

命を失うこともあります。

定期的な検査をオススメします。

・心筋症

この猫種は肥大型心筋症にかかりやすいです。

この病気は、心臓の壁の筋肉が肥大して血管を圧迫し、血栓ができたりして血液の循環を妨げたり止めたりするものです。

発症しても最初は無自覚で目立った症状が

出ませんが、進行すると呼吸困難になったり

動きがぎこちなくなり歩けなくなります。

最悪な場合は命にも関わる病気です。

病気は命の危険と隣り合わせです。

大好きなペットを失わないように

日頃から定期的な検診をしましょう!

ペルシャの値段

値段は15万〜40万とやや

高めとなっています。

まとめ

ペルシャは物静かなでおとなしく孤独を苦としない

性格のため、

1人暮し、マンション、集合住宅、高齢社会など

多くの方におすすめな猫です。

この見た目の割に人懐っこいので

とてもかわいいです(笑)

しかし、かわいいペルシャを失いたくなければ

定期的な検診をしてください!!!

Follow me!

最新情報をチェックしよう!